株式会社田名部組との基本協定締結について(12/24更新)

 この度本学は、株式会社田名部組と地域貢献事業に関する基本協定を締結いたしました。12月22日、八戸パークホテルにて基本協定締結式を行い、坂本禎智学長と田名部智之代表取締役が協定書に署名しました。

 基本協定締結式では、冒頭に社会連携学術推進室 大野和弘次長が、これまで行ってきた本学と株式会社田名部組との連携事業について説明。再生可能エネルギーに関する事業を継続してきたことを契機に、さらなる地域貢献を目指し、今回の協定締結に至ったと話しました。
 坂本学長は、地域貢献に力を入れる大学として同社と連携できることを喜び、八戸市中心街の発展や人材育成の機会とすることを強調しました。

 また、連携に関連し、八戸市中心街に「番町サテライトオフィス(仮称)」の開設を進めています。このサテライトは新設された八戸市美術館にほど近い場所に位置し、株式会社田名部組が所有するビルの一階フロアを借用しての運用となります。『はちのへ「まち」プロジェクト』と題し、本学の公開講座を開催したり、学生の制作物を展示するスペースなどを設ける予定です。

 締結式の後、サテライト内部の構想について、創生デザイン学科の宇野あずさ助教から説明がありました。この日は、宇野助教とともに作業を進める学生5名を代表し、創生デザイン学科2年の前田柚菜さんも出席しました。
 宇野助教は学生と実際に現地を訪れるなどし、サテライトの効果的な運用にデザインの面から携わっています。一階がガラス張りであることを活用し、学生の活動が見えるスペースのほか、人との交流を活性化させるラウンジなどを設ける案を発表しました。2022年4月のオープンに向け、これからさらに検討を深めていきます。

 今回の基本協定締結により、本学は株式会社田名部組と連携を強め、さらなる地域貢献を目指していきます。

(2021年12月22日 掲載)

●2021年12月23日(デーリー東北)
新聞記事はこちらからご覧いただけます。
(デーリー東北新聞社の許可を得て掲載しています。)

●2021年12月23日(東奥日報)
新聞記事はこちらからご覧いただけます。
(東奥日報社の許可を得て掲載しています。)

(2021年12月24日 追記)

Leave a Reply

CAPTCHA