浅川拓克准教授(機械工学科)が、新型コロナウイルス感染防止を目的として、車両内でのウイルスの流れを可視化する実験を行いました。

2020年10月3日(デーリー東北)
新聞記事はこちらをご覧ください。
(デーリー東北新聞社から許可を得て掲載しています。)