キャンパス
ライフ

学生VOICE

CAMPUS LIFE



バンド活動でベース担当。 
ひとり暮らしの楽しみも満喫中。

電気電子工学科 2年
秋元 李孔さん(青森県・青森北高等学校出身)


Q.ひとり暮らしを選んだ理由は?
A.自分自身で生活を管理することで、人間的に成長できると思ったからです。いろいろ大変ですが、プラスになることばかりです。

Q.いま熱中していることは?
A.サークル活動です。軽音楽部でベースを弾いています。経験はゼロ(笑)。でも活動は本当に楽しい。マイベースも買って絶賛特訓中です。

Q.休日の過ごし方は?
A.友達といることが多いですね。飲食店でアルバイトもしていますが、時間がある時は音楽を聴いたりゲームをして過ごしています。

Q.毎日の食事は?
A.自炊派です。近所にスーパーがあるので便利。レパートリーも増えました。忙しい時はお弁当を買って済ませることもあります。



下宿生活は最高の環境。
親のありがたみも実感しています。

創生デザイン学科 3年
高松 有咲さん(青森県・三戸高等学校出身)


Q.下宿生活を選んだ理由は?
A.食事面の安心感が一番。いま住んでいるグリム館は清潔で部屋にお風呂もあり、寮母さんも優しくて最高の環境だと思っています。

Q.気づいたことはある?
A.自由な時間が持てるのは嬉しいですね。でも家事は大変。この数倍の量を毎日こなしている母のありがたみを実感しています。

Q.休日の過ごし方は?
A.社会勉強の一環としてスーパーでアルバイトをしています。2ヶ月に1回くらいは休みをつくって遠出したり本を読んだりしています。

Q.いま熱中していることは?
A.ゲームですね。ついつい熱中してしまうので気をつけています。また、好きなYoutuberの動画は定期的にチェックしています。



普段の大学生活では味わうことの
できないさまざまな体験ができます。

生命環境科学科 4年
小笠原 永保さん(青森県・八戸工業高等学校出身)


Q.活動内容は?
A.学園祭や体育祭、彩才祭など大学行事の企画運営と各サークル活動のサポート中心です。

Q.活動の面白さは?
A.普段の大学生活では味わうことのない経験ができることです。学内はもちろん、外部の社会人の方など多くの人との関わりもあり、とても刺激的で楽しいです。

Q.印象に残っていることは?
A.学園祭で影山ヒロノブさんと喜多修平さんに来ていただいた時は興奮しました。ともに日本のアニソン界を牽引するボーカリストです。間近に見るお二人の姿は輝いていました。歌をお聴きしてその凄さをあらためて実感。学友会に入って良かったと思いました



あらためて気づいた地元の良さ。
多くの人の想いを伝えていきたい。

創生デザイン学科 4年
赤石 美友さん(青森県・八戸工業大学第二高等学校出身)


Q.どんな活動をしていますか?
A.1年生の頃から約2年半、「ミス・クリーンライスあおもり」として多くの消費地を訪れ、あおもり米を宣伝させていただきました。また八戸発のアイドルとしてライブやCMへの出演の他、38日間八戸前沖さばを食べ続ける「38チャレンジ」なども行いました。こうした活動を通してこれまで知らなかった地元の良さをいくつも発見できました。

Q.これからの目標は?
A.ローカルタレントとして活動させていただく中で、私は生産者の方や製造者の想いを多くの人々に伝えたり発信することが好きなんだと気づくことができました。“伝える”というのは難しいことでもありますが、今後は誰かの考えていることや想いを、先頭に立って伝えていけるような人になりたいと思っています。