詳細検索
所属 生命環境科学科/講師
氏名 本田 洋之/(ほんだ ひろゆき)
メール hhonda●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト 発酵食品学研究室

■個人キーワード
1、 乳酸菌
2、 発酵食品
3、 糖質酵素(ラクターゼ)
4、 プロバイオティクス
5、

出身地 宮城県仙台市
出身校 東北大学大学院
経歴 2007年 東北大学大学院農学研究科博士前期課程修了/同年 カゴメ株式会社入社、総合研究所プロバイオティクス研究部/2013年 東北大学にて博士(農学)取得/2014年 カゴメ株式会社生産調達本部/2018年より現職
■現職活動
管理職名
専門分野 生化学、応用微生物学、畜産物利用学
所属学会 日本農芸化学会、日本乳酸菌学会、日本酪農科学会、東北畜産学会
担当科目 生化学/微生物学/バイオテクノロジー/食品化学/食品分析学/生命環境科学概論/生命環境科学導入デザイン/生命環境プロセス実習I/生命環境科学基礎演習II/バイオ環境工学実験I ほか
研究テーマ1

乳酸菌による発酵に関する研究

ヨーグルトや漬物などの発酵食品では、乳酸菌が糖を代謝して乳酸をつくります。二酸化炭素や酢酸などを生成するヘテロ乳酸発酵型乳酸菌の発酵特性を解析し、発酵の生産性向上や安定化をさせるための研究をしています。

研究テーマ2

乳酸菌のラクトース資化性酵素に関する研究

乳酸菌がつくるラクトース資化性酵素の生化学的な性質や酵素発現の条件などを解析し、日本人に割合の多い乳糖不耐症を低減させるための研究をしています。

研究テーマ3

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
作品・製品・著書 ・本田洋之 (2019) 津軽地域に伝わる発酵食品「すしこ」からの乳酸菌の検出, 八戸工業大学紀要 38, 117-120.
・鈴木重徳, 本田洋之 (2015) 植物性発酵食品から分離されたLactobacillus brevisの多様な性質, 日本乳酸菌学会誌 26(2), 133.
・Suzuki S., Honda H., Suganuma H., Saito T., Yajima N. (2014) Growth and bile tolerance of Lactobacillus brevis strains isolated from Japanese pickles in artificial digestive juices and contribution of cell-bound exopolysaccharide to cell aggregation. Can J Microbiol 60(3), 139-145.
・Honda H., Yajima N., Saito T. (2012) Characterization of lactose utilization and
β-galactosidase in Lactobacillus brevis KB290, the hetero-fermentative lactic acid bacterium. Curr Microbiol 65(6), 679-685.
・Honda H., Nagaoka S., Kawai Y., Kemperman R., Kok J., Yamazaki Y., Tateno Y., Kitazawa H., Saito T. (2012) Purification and characterization of two phospho-β-galactosidases, LacG1 and LacG2, from Lactobacillus gasseri ATCC33323T. J Gen Appl Microbiol 58(1), 11-17.
・本田洋之, 矢嶋信浩, 齋藤忠夫 (2010) 乳酸菌のラクトース資化の特徴, ミルクサイエンス 59(2), 131-136.
・Nagaoka S., Honda H., Ohshima S., Kawai Y., Kitazawa H., Tateno Y., Yamazaki Y., Saito T. (2008) Identification of five phospho-β-glycosidases from Lactobacillus gasseri ATCC33323T cultured in lactose medium. Biosci Biotechnol Biochem 72(7), 1954-1957.
・Honda H., Kataoka F., Nagaoka S., Kawai Y., Kitazawa H., Itoh H., Kimura K., Taketomo N., Yamazaki Y., Tateno Y., Saito T. (2007) β-Galactosidase, phospho-β-galactosidase and phospho-β-glucosidase activities in lactobacilli strains isolated from human faeces. Lett Appl Microbiol 45(5), 461-466.
社会貢献 八戸サイエンス・ナイト 講師「乳酸菌の科学」(2019年2月27日)
■出張講義 2019
講義系統 バイオ系
講義テーマ1

乳酸菌の科学

「乳酸菌」と言えば、ヨーグルトを思い浮かべる人が多いと思います。便通を改善するなどの保健機能を持つ乳酸菌の存在がよく知られています。一方、乳酸菌は漬物などにも含まれています。乳製品由来の乳酸菌と、植物由来の乳酸菌、どちらも同じ「乳酸菌」ですが種類や性質が少し異なるところもあります。乳酸菌がどんなところに生息していて、どのように私たちの生活に関わっているのかお話したいと思います。

講義テーマ2

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
発酵食品が好きで微生物に興味を持ち、さらに微生物の謎を追究して学生の皆さんにおもしろさを伝えたいと思ったから。
将来の夢 日本一の授業がしたい。
趣味 寺社めぐり(糠部三十三観音を巡礼中)
座右の銘または
生活信条
冷静と情熱のあいだ
■メッセージ
企業へ 乳酸菌の研究をしています。ご興味やお困りごとがありましたら、いつでもご連絡をお待ちしています。
高校生へ 「自分は何がしたいのか」「何が得意なのか」を知ることは意外に難しいことかもしれません。やってみないと気づかないこと、聞いただけでは分からないこともたくさんあります。まずは一歩、足を踏み出してみてください。
■選択キーワード
生物・食品
■選択キーワード内容
■共同利用が可能な装置・機器等


 - AmigoDatabase