詳細検索
所属 基礎教育研究センター、バイオ環境工学科、地域産業総合研究所/准教授
氏名 田中 義幸/(たなか よしゆき)
メール y-tanaka●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 海洋生態学
2、 物質循環
3、 生態系機能
4、 海草、アマモ
5、 海洋生物のモニタリング

出身地 群馬県
出身校 国際基督教大学教養学部 / 東京大学大学院理学系研究科
経歴 北海道大学、東京大学、横浜市立大学、海洋研究開発機構
■現職活動
管理職名
専門分野 海洋生態学、環境保全、安定同位体比解析
所属学会 日本生態学会、日本海洋学会、日本サンゴ礁学会、日本ベントス学会
担当科目 化学基礎I・II, 化学実験A・B, 物理化学、環境とエネルギー、機器分析 ほか
研究テーマ1

アマモ場(海草生態系)における海洋生命科学

青森県には日本有数の面積を誇るアマモ場が維持されており、世界的に見ても希少価値の高い地域固有種が複数種確認されています。アマモ場(海草生態系)は、熱帯雨林に匹敵するとも言われる高い一次生産力を誇り、「海のゆりかご」として各種仔稚魚や海老などの漁業対象種も育み、高い生物多様性を保持するだけでなく、水質浄化や砂地の安定化、二酸化炭素の吸収固定などの高い生態系機能も兼ね備えています。陸奥湾をはじめ、青森県に広く分布するアマモ場において、環境・植物・動物を対象とした研究を実施しています。

研究テーマ2

安定同位体比を活用した海洋環境・生態系機能・食物網の解析

安定同位体比を活用すると、たとえば、ある動物がどのような餌を食べていたか?、ある植物の生長状態が良いか悪いか?などの様々な情報を、少量の試料から読み取ることができます。安定同位体比解析をはじめとする化学分析を活用して、海洋生態系のしくみを解き明かします。

研究テーマ3

沿岸域環境の保全、有効活用、生態系機能の検証

沿岸域は水深が浅く、アクセスしやすいことから、私たち人間のさまざまな営みの影響を受けています。魚介類などの養殖の影響をうけて、窒素やリンなどの栄養塩濃度が変化し、水柱や底質の状態が大きく変化していることも報告されています。最近は砂浜や干潟などを人工的に造成して、海洋環境や生物多様性の復元を目指した取り組みも各地で実施されています。人為的影響の大きい地点と小さい地点とでは、周囲の環境要因や生物多様性、生態系機能にどのような差があるのか比較し、私たちにとってより豊かな海洋環境はどのような環境であるのか検討しています。

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
・「コーラル・トライアングルにおけるブルーカーボン生態系とその多面的サービスの包括的評価と保全戦略」JST・JICA 地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)研究領域「地球規模の環境問題の解決に資する研究」(2016〜2021年度) 参加研究者
・「遷移過程にあるアマモ場からの溶存態・懸濁態物質の移出過程に対する定量的評価」科研費基盤研究(B) (2015年度〜2017年度) 分担
・「種間相互作用の酸性化応答解明を目標とした新規実験技術の開発---海草藻場群集を例として」 東京大学 大気海洋研究所 共同研究奨励金 学際連携研究「一般共同研究」(2014年度)代表申請者
・「地球温暖化ならびに海洋酸性化がサンゴモと海草の成長量に与える影響の評価」科研費基盤研究(C) (2011年度〜2013年度)代表
・「フィリピン国統合的沿岸生態系保全・適応管理プロジェクト」 JST 地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)分野・領域「生物資源の持続可能な利用に資する研究」(2009〜2014年度) 分担
・「光強度に伴う熱帯海草藻場の種構成の変化」笹川科学研究助成 (2001年度) 代表
作品・製品・著書 ・Morimoto N, Umezawa Y, San Diego-McGlone ML, Watanabe A, Siringan FP, Tanaka Y, Regino GL, Miyajima T (2017) Spatial dietary shift in bivalves from embayment with river discharge and mariculture activities to outer seagrass beds in northwestern Philippines. Marine biology 164: 84-101
・Isada T, Hirawake T, Nakada S, Kobayashi T, Sasaki K, Tanaka Y, Watanabe S, Koji Suzuki K, Saitoh S (2017) Influence of hydrography on the spatiotemporal variability of phytoplankton assemblages and primary productivity in Funka Bay and the Tsugaru Strait. Estuarine, Coastal and Shelf Science 188:199-211
・Tanaka Y, G A Go, Watanabe A, Miyajima T, Nakaoka M, W H Uy, Nadaoka K, Watanabe S, M D Fortes( 2014) 17-yearchange in species composition of mixed seagrass beds around Santiago Island, Bolinao, the northwestern Philippines.Marine Pollution Bulletin 88: 81-85.
・Yamada K, Tanaka Y, Era T, Nakaoka M( 2014) Environmental and spatial controls of macroinvertebrate functionalassemblages in seagrass ecosystems along the Pacific coast of northern Japan. Global Ecology and Conservation 2:47-61.
・Yamada K, Hori M, Tanaka Y, Hasegawa N, Nakaoka M( 2010) Contribution of different functional groups to the diet of major predatory fishes at a seagrass meadow in northeastern Japan. Estuarine, Coastal and Shelf Science 86: 71-82.
・Miyajima T, Yoshimizu C, Tsuboi Y, Tanaka Y, Tayasu I, Nagata T, Koike I( 2009) Longitudinal distribution of nitrate δ15N and δ18O in two contrasting tropical rivers: Implications for instream nitrogen cycling. Biogeochemistry 95:243-260.
・Hori M, Suzuki T, Monthum Y, Srisombat T, Tanaka Y, Nakaoka M, Mukai H( 2009) High seagrass diversity and canopyheight increase the associated fish diversity and abundance. Marine Biology 156: 1447-1458.
・Miyajima T, Tsuboi Y, Tanaka Y, Koike I( 2009) Export of inorganic carbon from two Southeast-Asian mangroveforests to adjacent estuaries as estimated by the stable isotope composition of dissolved inorganic carbon. Journal ofGeophysical Research - Biogeosciences 114, G01024.
・Tanaka Y, Miyajima T, Yamada K, Hori M, Hasegawa N, Umezawa Y, Koike I.( 2008) Specific growth rate as adeterminant of carbon isotopic composition of a temperate seagrass Zostera marina. Aquatic Botany 89: 331-336.
・Nakamura Y, Horinouchi M, Shibuno T, Tanaka Y, Miyajima T, Koike I, Kurokura H, Sano M( 2008) Evidence of ontogenic migration from mangroves to coral reefs by black tail snapper Lutjanus fulvus: a stable isotope approach. Marine Ecology Progress Series 355: 257-266.
・Tanaka Y, Nakaoka M( 2007) Interspecific variation in photosynthesis and respiration balance of three seagrasses in relation to light availability. Marine Ecology Progress Series 350: 63-70.
・Yamada K, Hori M, Tanaka Y, Hasegawa N, Nakaoka M( 2007) Temporal and spatial macrofaunal community changes along a salinity gradient in seagrass meadows of Akkeshi-ko estuary and Akkeshi Bay, northern Japan. Hydrobiologia 592: 345-358.
・Miyajima T, Tanaka Y, Koike I, Yamano H, Kayanne H( 2007) Evaluation of spatial correlation between nutrient exchange rates and benthic biota in a reef-flat ecosystem by GIS-assisted Flow-Tracking. Journal of Oceanography 63: 643-659.
・Tanaka Y, Kayanne H.( 2007) Relationship of species compos ition of tropical seagrass meadows to multiple physical environmental factors. Ecological Research 22:87-96.
・Tanaka Y, Nakaoka M.( 2006) Morphological variation in the tropical seagrasses, Cymodocea serrulata and C. rotundata, in response to sediment conditions and light attenuation. Botanica Marina 49: 365-371.
・Tanaka Y, Nakaoka M.( 2004) Emergence stresses and morphological constraints affect the species distribution and growth of subtropical intertidal seagrasses. Marine Ecology Progress Series 284: 117-13.
・田中義幸( 2016)「 暖流と寒流の交わりが育む多種多様な藻類」『下北ジオパーク構想ガイドブック』構想推進協議会、p62
・田中義幸( 2014)『 みんなで作る津軽海峡ちぢり浜の海藻標本集 2012年度版』( ISBN978-4-901833-05-9)、全62p
・田中義幸( 2013)「 野外研究サイトから(24) ボリナオ海洋実験所、フィリピン」日本生態学会誌63:283-286
・高津 文人・梅澤 有・田中 義幸( 2008)「 一次生産者の安定同位体比の特徴とその変動要因『」流域環境評価と安定同位体 水循環から生態系まで』 永田 俊・宮島 利宏編 京大学術出版会(ISBN978-4-87698-739-9) 第6章-1 p251-283
・田中義幸( 2004)「 環境要因に対する熱帯性海草の適応戦略」 海洋と生物 153: 310-314.
社会貢献 ・環境省 「重要生態系モニタリング推進事業(モニタリングサイト1000)」 委員・サイト代表者 (2008年度〜)
・八戸市 「青少年のための科学の祭典」実行委員(2016年度〜)
・北海道大学 「発展海洋生物学・生態学実習」公開臨海実習講師(2012年度〜)
・日本海洋学会 「青い海助成事業」(2011年度、申請代表者)による海洋生物観察会の開催をはじめとする環境教育・講演会の実践
■出張講義 2017
講義系統 環境系
講義テーマ1

海洋生物からのメッセージ〜環境が変われば生き物も変わる〜

日本は世界で6番目に広い領海および排他的経済水域を保有しており、海洋に分布する生物種数は、オーストラリアに並んで多い事が知られています。一般に、生物種数や生物の多様性は熱帯域において高いことが多いです。私達の住む青森県は比較的緯度が高い地域に位置していますが、海洋生物の種類が多く、さまざまな生物の分布の推移帯(南限や北限)に当たっています。つまり環境の変化に伴う海洋生物の分布の変化を、いちはやく察知するのに適した地域であると言えます。本講義が、身近にある海の環境や生き物に、皆さんがこれまで以上に関心をもってもらえるきっかけになることを目指します。

講義テーマ2

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
こどもの頃からフィールドワークを通じた調査研究に憧れていました
将来の夢 地域社会で輝く卒業生が、私の研究室から、ひとりでも多く巣立つこと
趣味 (最近はほとんど活動していないですが、、、) サイクリング(ランドナー)、軟式テニス、スキー、フリスビー、さんさ踊り(黒川さんさ)や早池峰神楽など地域に根ざした舞踊
座右の銘または
生活信条
I という字の形のように自分の専門だけを深く追求する I 型人間ではなく、T という字の形のように間口 が広く、しかも特定の分野について奥行きの深いT 型人間になりなさい(著名な化学者のことばより)
■メッセージ
企業へ 海洋環境・海洋生物をテーマに研究を実施しています。
高校生へ 八戸工業大学をあなたの進学先のひとつとして、真剣に検討してみて下さい。卒業するときに八戸工業大学に入って良かったなぁと思ってもらえるよう、教育の充実を目指します
■選択キーワード
■選択キーワード内容
■共同利用が可能な装置・機器等


 - AmigoDatabase