詳細検索
所属 感性デザイン学科、基礎教育研究センター/教授
氏名 橋本 都/(はしもと みやこ)
メール hashi3@hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 教育行政
2、 教員研修
3、 高大連携
4、 消費者教育と家庭科
5、 男女共同参画

出身地 函館市(出生)、八戸市
出身校 お茶の水女子大学
経歴 県立高等学校教諭(家庭科) 文部省初等中等教育局教科調査官 県青少年・男女共同参画課長 県立八戸南高等学校長 県環境生活部次長 県教育委員会委員(教育長) など
■現職活動
管理職名 副学長
専門分野 教育学、家庭科教育
所属学会
担当科目 特別活動、感性デザイン応用演習
研究テーマ1

教職課程における実践教育の在り方

教員志望者にとって必修である特別活動の授業を通して、主体的・協働的な学び方(アクティブラーニング)の重要性を実践的に学習しながら明らかにします。

研究テーマ2

高大連携協力による教育の成果と課題

高等学校と大学の連携協力による教育のうち、教員研修や交流学習を中心にした高大連携の推進を取り上げ、成果や課題を明らかにします。

研究テーマ3

消費者市民社会を構築する消費者教育の実際

消費者基本法及び消費者教育推進法が施行されたところから、学校教育における消費者教育の課題を明らかにし、指導者の育成や実践的な教育を提案します。

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
作品・製品・著書 「新小学校教育課程講座<家庭>」(編集, 共著:ぎょうせい)    「小学校新教育課程の解説」(編集, 共著:第一法規出版)他7冊 「青森県の教員研修におけるアクションリサーチの現状と課題」(日本教科教育学会誌 33巻3号pp59-62) 「本県のキャリア教育の推進等について」(青森県高等学校教頭・副校長会紀要) ほか
社会貢献 (独)教職員支援機構監事
(一般社団法人)原子力安全推進協会評議員
(一般財団法人)棟方志功記念館理事
青森テレビ放送番組審議会委員
青少年育成青森県民会議会長
■出張講義 2017
講義系統 教養系/進学系
講義テーマ1

消費者教育をどうすすめるか

消費者教育というと、振り込め詐欺被害やネットトラブルなどへの対策を思い浮かべます。しかし、私たちは誰でも消費生活をしており、その在り方が産業社会や地球環境にも様々な影響を与えているのです。持続可能な社会を構築するために消費生活に関する知識を学び、消費者市民として行動できるよう、学校で、地域で、職場で、消費者教育をすすめましょう。

講義テーマ2

理工系女子の未来

女性が理工系分野で活躍する時代となってきました。不利であった体力をカバーする技術や意識改革が進んで働きやすくなっています。今後はこれまで女性が得意としてきた衣食住や福祉などに関連する理工系での力量発揮が期待されています。理工系で活躍する女性の皆さんの活動などを紹介し、進路選択のヒントにしていただきたいです。

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
「人間」への興味・関心から、教員の道に。
将来の夢 在校生や卒業生、教職員の輝く大学づくり
趣味 リサイクル手芸 読書
座右の銘または
生活信条
[自分を大切に生きる]独善や我儘ではありません。人間社会のかかわりの中で、自分の思いや希望、志をもって生きてほしいと思います。
■メッセージ
企業へ 自ら考え自ら動き、地域に貢献できる人材を育成します。
高校生へ 今とこれからが大事。一人ひとりのよさを生かそう。
■選択キーワード
指導方法と学び
消費者教育
■選択キーワード内容
特別活動の指導方法の開発
学校における消費者教育の教材開発
■共同利用が可能な装置・機器等


 - AmigoDatabase