詳細検索
所属 機械情報技術学科/講師
氏名 浅川 拓克/(あさかわ たくかつ)
メール takukatsu●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 ドクターカー
2、 医工連携
3、 自動車
4、 プラグインハイブリッドカー
5、 電気自動車

出身地 北海道小樽市
出身校 北海道自動車短期大学
経歴 元高校教師
■現職活動
管理職名
専門分野 自動車工学
所属学会 自動車技術会、日本設計工学会、日本機械学会
担当科目 カーエレクトロニクス/自動車エンジン/機械基礎数学/自動車構造?T/自動車構造?U/自動車整備実習 ほか
研究テーマ1

地域課題解決のための移動型緊急手術室の開発・研究

緊急大災害時の災害地派遣医療活動や救急医療では、患者の搬送を含めたくさんの課題があります。この課題を解消するために、八戸市立市民病院の助言を受け、八戸工業大学の自動車工学の知識や特装技術を活用し、移動型緊急手術室の開発を行っています。移動型緊急手術室は、CPA患者(心肺停止)に対し、現地でPCPS(経皮的人工心肺補助装置)の装着手術などの、高度な救命処置を可能とする全国初の試みとなります。国と県から運用許可がおり、平成28年7月1日から運用が開始され、全国初症例となる、CPA患者への現地におけるPCPS装着手術を成功させました。その患者さんは、後遺症もなく元気に退院されています。現在は、より高度な手術に対応させるための研究をしています。

研究テーマ2

コンバージョンPHVの研究・開発

地球温暖化ガスであるCO2は、運輸部門だけで約20%を排出しています。その削減のため、「青森県EV・PHVタウン推進マスタープラン」を受け、内燃機関であるエンジンを搭載した自動車を、電気自動車へコンバージョンする研究をしています。

研究テーマ3

コンバージョンPHVの開発

EV・PHVを普及させるにあたり、その価格がネックとなっています。青森県の調査では、約70%の人が「条件が合えば、EV・PHVの購入を検討したい」と考えています。既存のハイブリッドカーをベースに、安価にPHVにコンバージョンする研究をしています。

研究テーマ4

電動EVトライクの開発

東南アジア等における、下肢障碍者の移動手段の1つとして、中古のスクーターを安価にEV3輪トライクにカスタマイズをする研究を行っています。

参加プロジェクト
委託研究実績
コンバージョンPHVの開発:復興促進プログラムJST(A-STEP)
災害医療等に対応するモバイル診療室及び非常用電源装置の開発:「産学連携・課題解決型医療福祉関連機器等研究開発モデル実証(青森県ライフイノベーション新成長産業創出事業)」
エコフローによる燃焼効率向上実験及び効果の検証:ケミサプライ(株)
改造EV試作機に係る部品製作業務及び改造EV試作機の走行モニタリングデータ測定業務委託:特定非営利活動法人 循環型社会創造ネットワーク
作品・製品・著書 救急医療に対応する移動型緊急手術室の実用化に向けた開発:八戸地域高度技術振興センター「てくのろじぃ」,NO.86,p.006
機械工学導入教育としてのエンジン解剖におけるリスクマネージメント:工学教育,第62巻,第2号,pp.45-50
へき地医療に有用な移動緊急手術室の開発:新医療,第41巻7号,pp.99-102
移動緊急手術室の有用性の推測:新医療,第42巻11号,pp.122-125  シリーズ研究室紹介 自動車工学(浅川)研究室:日本設計工学会会誌,設計工学,Vol.50,No.12,p.1
社会貢献 次世代電動モビリティビジネス研究会委員長
盛岡地域高等学校生徒指導連絡協議会事務局次長(前職)
北盛岡地域児童生徒健全育成推進連絡協議会理事(前職)
青森県自動車整備人材確保・育成連絡会委員
世界の雪国!青森市民と創るエコドライブ推進事業コンソーシアム事業 コアメンバー
■出張講義 2017
講義系統 機械系/防災系/エネルギー系
講義テーマ1

救急医療最前線、最新のドクターカーによる緊急手術!

高次医療機関が近ければ助かったかもしれない命が、医療過疎地では失われてきました。それは、遠隔地で発生した心肺停止などの重症患者が高度な治療を受けるためには、高次医療機関までの長距離搬送を余儀なくされるからです。心肺停止では、いかに早く高度な治療を開始出来るかが、予後良好とする鍵となります。しかし、医療過疎地での発生では、発生から短時間でPCPS(人工心肺補助装置)等を使用した、高度な救命処置を行うことは大変困難となっています。今まで困難だった、遠隔地の救命率や社会復帰率を向上させるため、私達にできることについてお話をします。

講義テーマ2

ハイブリッドカーってなぜ燃費がいいの?

自動車業界では、地球温暖化ガスであるCO2の削減が急務とされております。また、高齢化による交通事故の増加し、自動車の安全運転対策が急務とされています。本講義では、HV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)、PHV(プラグインハイブリッドカー)の環境優位性や、災害時等における電源車両としての使用。さらに、自動運転等、これからの自動車の技術を通じた人と自動車との関係についてお話します。

講義テーマ3

クリーンディーゼルってどんなエンジン?

ハイブリッドかーや電気自動車についで、エコカーに位置づけされているクリーンディーゼルエンジンの自動車。ディーゼルエンジンっていうと、トラックのイメージが強いですが、現代の乗用車に搭載されるディーゼルエンジンは、パワフルで燃費がよく、排気ガスもとてもきれいなのです。ルマン24時間レースでは、ディーゼルエンジンでなければ勝てないとまで言われています。最新のディーゼルエンジンの技術についてお話をします。

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
18年間岩手県で高校教員をしておりましたが、大黒教授、齋藤教授、田高栄誉教授にお声をかけて頂き、キャリアアップを目指し転職いたしました。
将来の夢 地域の抱える救急医療等の課題に挑戦し続け、この街をさらに住みよい地とすること。さらに、本学を自動車教育の知の拠点とし、地域産業の発展に貢献することです。そして最終的には、スローライフを楽しみたいと思っています。
趣味 スキー
座右の銘または
生活信条
明日を見つめて今日をひたすらに
■メッセージ
企業へ 本学には、コミュニケーション能力に優れ、素直で優秀な学生が多数おりますので、宜しくお願いいたします。
高校生へ 八戸工業大学は地域の課題を解決するため、どんどん進化しています。地域の課題は都会では解決できません。八戸工業大学と一緒に素晴らしい街づくりをしましょう!
■選択キーワード
エネルギー
自動車・宇宙
防災
医工・薬品・健康
■選択キーワード内容
災害時を含めた、救急医療体制をより充実させるための研究をおこなっています。
自動車を中心に、CO2の削減や省エネルギー化、また再生可能エネルギーについての研究をおこなっています。
■共同利用が可能な装置・機器等
シャシーダイナモメーター(回生用サーボモータ付):SDSDYNO TYPEC1-2M(サクラダイノシステム)
デジタルパワーメータ:WT310-D-C2/EX2 I/F:RS-232C(横河メータ&インスツルメンツ)
データーロガー:GRAPHTEC Corporation GL800(グラフテック)
コーナーウエイトゲージ:CTS TRADING Inc M725882(CTS TRADING Incorporated)


 - AmigoDatabase