詳細検索
所属 機械情報技術学科、基礎教育研究センター、大学院機械・生物化学工学専攻/教授
氏名 鈴木 寛/(すずき ひろし)
メール suzuki●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 複合材料
2、 カーボンナノチューブ
3、 軽量化
4、 エンジニアリング・デザイン
5、

出身地 静岡県富士宮市
出身校 東北大学大学院
経歴 東北大学工学部
■現職活動
管理職名 基礎教育研究センター長、図書館長
専門分野 複合材料工学、材料力学
所属学会 日本機械学会、日本材料学会
担当科目 材料力学/CAE材料力学(含む有限要素法の基礎)/機械創造(エンジニアリング・デザイン知識取得科目)/基礎設計製図/機械工学基礎実験(3次元有限要素法を用いた軽量化)/機械工学応用実験(固有振動実験)/材料力学特論(変形解析のための有限要素法)(大学院)/特別演習(大学院)/特別研究(大学院)
研究テーマ1

エポキシ樹脂中のカーボンナノチューブの電界印加による方向制御に関する基礎的研究

透明なプラスチック中でカーボンナノチューブを広い範囲で一方向に配列して、ある程度の電気伝導性と光透過性を持たせることができました。性能向上が今後の課題です。

研究テーマ2

エンジニアリング・デザイン知識取得科目実施方法に関する研究

エンジニアリング・デザインとは米国型技術者向け実務能力向上のための教育です。米国での教育の体系に則したエンジニアリング・デザイン教育は日本ではあまり行われていません。米国で出版された教科書、国内企業のテクニカルレポートなどを参考にするなどして教育を行うための様々な取り組みを行っています。

研究テーマ3

短繊維強化複合材の表面からの観察による、内部状況同定に関する研究

表面から見て、複合材料の内部がどのようになっているかを探っています。確率的な取り扱いをします。繊維の方向分布はもとより長さ分布なども計れます。

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
作品・製品・著書 「機械工学便覧α編(基礎編)」「α3材料力学」(日本機械学会)
「移動電界を印加したカーボンナノチューブ/紫外線硬化性樹脂複合材の電気的特性とカーボンナノチューブの配列シミュレーション材料
Vol. 66 」(2017) 232-237
「多重電極上に置いた紫外線硬化性樹脂ベース懸濁物中のCNTの多相電圧印加による一方向配列 材料 Vol. 64 」(2015) 822-828,
「移動電界を利用した未硬化樹脂中のカーボンナノファイバの一方向配列に関する研究、材料システム Vol. 32 」(2014) 19-27
「2組の電極を使った電界印加によるエポキシ樹脂中のCNFの方向制御に関する基礎的研究、材料システム Vol. 29 」(2011) 53-59
「Googleドライブのアプリおよびそのアドオンを用いた課題の作成― ルーブリックと自動採点・返却 ― Vol.36」(2017) 67-81
「Google Classroomでできること 八戸工業大学紀要 Vol.35」(2016) 107-120
「大きさや方向が周期的に変化する電界下にある高い電気伝導性を有する直線状の物体の配列方向, 八戸工業大学紀要 Vol.32」(2013)189-197
「機械情報技術学科におけるエンジニアリング・デザインの知識取得科目と実践科目への提案、八戸工業大学紀要 Vol.31」(2012) 83-96
「核融合炉用低放射化フェライト鋼の強度特性に及ぼす微小試験片形状の影響、八戸工業大学エネルギー環境システム研究所紀要 Vol.10」(2012) 35-44
社会貢献 日本材料学会代議員
■出張講義 2017
講義系統 機械系
講義テーマ1

地球と宇宙を結ぶ軌道エレベータ

 現在宇宙に行くには、体力テストを受けてパスした人が、何ヶ月も訓練に耐え、とかく発射が延期になるロケットに乗っていくのが一般的です.現状ではビル・ゲイツのように大金持ちであっても、手軽に宇宙に行くことはできません.ところが、赤道上空3万5千km上空の静止衛星まで、エレベータで上るという夢のような話が世界各地で研究されています.この軌道エレベータが実現すれば、多額のお金は取られるでしょうが、少なくとも大した訓練も必要なく、宇宙に行くことができるようになります.本講義では、軌道エレベータの構造的、政治的問題点や、軌道エレベータの作製に欠かせない新材料「カーボンナノチューブ」について紹介します.

講義テーマ2

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
学生時代に複合材料という新素材を知り、研究を志した。
将来の夢 軌道エレベータが実現することを夢見ています。
趣味 お金と手間をかけない料理作り、ブログ
座右の銘または
生活信条
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」。どうしたら歴史に学べるか考えるために経験を使っています。
■メッセージ
企業へ CNTの適用に関することを一緒に研究しましょう。
高校生へ 社会でどのような素養を持った人材、何を学んだ人材が要求されているかも視野に入れ、進路を考えると後で後悔しませんよ。
■選択キーワード
自動車・宇宙
材料・素材
■選択キーワード内容
CNTの使用が一般的になれば、軌道エレベータも夢でない。
世界的に実用化が望まれているCNTの実用に向けた研究。
■共同利用が可能な装置・機器等
引張試験機(100kN),光学顕微鏡


 - AmigoDatabase