詳細検索
所属 土木建築工学科、地域産業総合研究所、大学院社会基盤工学専攻/教授
氏名 金子 賢治/(かねこ けんじ)
メール kaneko●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 地盤防災
2、 コンピュータシミュレーション
3、 リサイクル
4、 地盤の補強・改良
5、 地盤の力学

出身地 静岡県浜松市
出身校 東北大学大学院
経歴 東北大学勤務
■現職活動
管理職名
専門分野 応用力学、地盤工学、計算力学
所属学会 土木学会、地盤工学会、国際ジオシンセティックス学会、日本計算工学会
担当科目 材料の力学/地盤の科学/地盤の力学/地盤構造工学/地盤工学設計・演習/土木工学実験I(土質)/土構造工学特論(大学院)/地震耐震工学特論(大学院)/特別演習(大学院)/特別研究(大学院) ほか
研究テーマ1

自然環境保全・防災力向上を目指した地盤材料・地盤構造物のミクロ・マクロ力学

現代は人間が快適に生活するために社会基盤施設が不可欠ですが、これらを構築する際に、力学的に変形や強度を精度良く予測することで、自然環境の保全に繋がります。また、地震や大雨による被害を軽減するためにも、力学は重要となります。特に、地盤材料や地盤構造物について、ミクロな視点でマクロな力学現象の解明を試みています。

研究テーマ2

新しい津波防潮堤の開発

防潮堤は津波のエネルギーを低減し,背後の地域を津波から守る重要な構造物です.世界的にも津波被害が多い三陸地域を津波から守るために,新たな技術開発が必要です.津波発生装置による模型実験や数値猪飼清輝により,ジオシンセティックス補強土技術を利用した新しい防潮堤の開発に取り組んでいます.

研究テーマ3

八戸地域地盤情報データベースの構築と地域の環境・防災問題への利用

八戸市周辺地域を対象として過去に行われたボーリングなどの地盤調査結果を集積し、データベースを構築しています。また、それを地震防災や環境問題解決のために利用する方法について研究しています。特に,地震時の地表面の振動分布マップや液状化リスクマップの作成・高精度化に取り組んでいます.

研究テーマ4

地盤や基礎構造物の補強・改良技術の開発

構造物の耐震化のためには,地盤や基礎の強度を高めることが重要です.既設の基礎を矢板と固化改良によって補強する技術や、ジオシンセティックス材料を利用して地盤を補強する技術の開発を行っています。

参加プロジェクト
委託研究実績
3次元マルチスケール・モデリングに基づく粒状材料のマクロ構成関係の推定(科学研究費若手B)
粒子−水連成系のマルチスケール変形解析手法の開発(科学研究費若手B)
LCAを考慮した北東北における地域防災と維持管理に関する研究(文部科学省)
創造的復興のための技術開発・支援と地域連携教育の推進(文部科学省)
遠心載荷を用いた水平土層のせん断変形に関する研究(電源開発(株))
ほか
作品・製品・著書 「非線形均質化理論に基づく粒状体マルチスケール解析手法の開発とその応用」(土木学会論文集)
「応力主軸回転を受ける粒状体の塑性ひずみ増分応答の考察」(応用力学論文集)
「Global-local Analysis of Granular Media in Quasi-static Equilibrium」 (Int.J.Solids.Sturct.)
「Constitutive response of idealized granular media under the principal stress axes rotation」 (Int.J. Plasticity) ほか
社会貢献 土木学会東北支部幹事
土木学会地盤工学研究委員会委員
地盤工学会東北支部幹事
地盤工学会アカデミックロードマップと発展史・人物史第4小委員会「数値解析」委員
国際ジオシンセティックス学会日本支部行事委員会委員
青森県地震・津波被害想定検討委員会委員
ほか
■出張講義 2017
講義系統 土木・建築系/防災系
講義テーマ1

土木とコンピュータ・シミュレーションの話

 コンピュータを使った数値シミュレーションが最も威力を発揮するのは、実際に実験を行うことが困難な場面です。例えば、ダムや橋など、非常に大きな物の強度や変形を予測するような場合や、砂に含まれる粒一つ一つの運動を観察するなど小さい物を扱う場面です。土木工学には高度な数値シミュレーションが活躍する場面が非常にたくさんあります。小さいものから大きなものまで土木工学に関連する数値シミュレーションを例示し、また、それらのおもしろさや難しさ、それらの理解に必要な基礎学力は何かを簡単に説明します。

講義テーマ2

八戸地域地盤情報データベースとその地盤防災への利用

八戸地域の表層地盤のデータを集積した地盤情報データベースの話を中心に八戸地域の表層地盤の特性について解説します.また,八戸地域地盤情報データベースを利用した地盤防災に関する話題について説明します.

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
実社会で活躍できる人材の育成を通して、社会に貢献するため。
将来の夢 人材の育成と研究の成果で、地域や地球全体の防災・環境負荷低減に貢献。
趣味 ヨット、サッカー、土いじり
座右の銘または
生活信条
無い物ねだりをしないで、現状の環境・制約の中でベストを尽くして、最大の成果を得る。
■メッセージ
企業へ 地盤に関わること、力学や数値解析に関わることに関しては、何でもご相談を。前向きに検討します。
高校生へ 研究は、誰も答えを知らない課題を自分の知識・創造力そして熱意で解決するもの。答えの分かっている受け身の勉強とは異なり、自分の力で新しいことを解明できる所が面白い。
■選択キーワード
生活環境
構造
防災
■選択キーワード内容
副産物のリサイクル、地盤環境
基礎構造、地盤構造
地震防災、地盤防災
■共同利用が可能な装置・機器等
遠心載荷装置(丸東製作所製)
2軸振動台(1m×1m, 鷺宮製作所製)
津波発生装置付き開水路水槽(丸東製作所製)
土の振動三軸圧縮試験装置(マルイ製)
土の凍上試験装置
その他一般的な土質試験装置一式


 - AmigoDatabase