詳細検索
所属 土木建築工学科、大学院社会基盤工学専攻/教授
氏名 福士 憲一/(ふくし けんいち)
メール fukushi●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 水処理
2、 水環境
3、 廃棄物
4、 水道
5、 環境保全

出身地 青森市
出身校 北海道大学大学院
経歴
■現職活動
管理職名 副学長,工学部長、社会連携学術推進室長
専門分野 水処理工学、上下水道工学、水環境工学
所属学会 水道協会、下水道協会、水環境学会、土木学会
担当科目 地球環境論/水処理工学/廃棄物と工事排水/上下水道工学/環境衛生工学特論(大学院)/特別演習(大学院)/特別研究(大学院) ほか
研究テーマ1

省エネ・ハイテク膜で水道水を造る

毎日飲んでいる水道水は浄水場で凝集・沈殿・ろ過・消毒して造られていますが、これを膜(メンブレン)を使った方法に変える研究です。精密・迅速に安全でおいしい水を造ることができ、新技術として注目されています。

研究テーマ2

青森・岩手県境産廃不法投棄問題の解決を

現場から流れ出る浸出水が馬淵川水系へ影響を与えていないかどうか、現場周辺部の水質を調査・評価しています。また、有害物質を含んだ浸出水の水処理法の妥当性についても分析・評価しています。

研究テーマ3

環境にやさしい新幹線トンネル工事

東北新幹線八甲田トンネルや北海道新幹線のトンネルについて、環境を保全しながら工事を行う方法を調査研究しています。特に、重金属を含んだ掘削岩石の処分について検討しています。

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
地盤沈下観測解析業務(八戸市)
地下水位・水質調査(八戸地域地下水利用対策協議会)
北海道新幹線新函館・札幌自然由来重金属等掘削土対策検討委員会(鉄道運輸機構)
水道水質の信頼性向上に資する浄水処理技術に関する調査(東京都) ほか
作品・製品・著書 「日本の水環境2東北編」(技報堂出版)
「八戸の水道50年史」(八戸圏域水道企業団)
「上水道における藻類障害」(技報堂出版)
「水道施設設計指針 2012年版」(日本水道協会) ほか多数
社会貢献 水道技術研究センター浄水技術支援委員会委員
八戸圏域水道企業団経営審議会会長
青森市横内川水道水源保護審議会会長 ほか多数
■出張講義 2017
講義系統 土木・建築系/環境系
講義テーマ1

安全でおいしい水道水を造るためには

 水道はライフラインのなかでも最も重要なもののひとつです。東日本大震災で水道が使えなくなった地域のことを思い出してみてください。この大事な水道水を安全においしく造ることは、実はそんなに簡単ではありません。地震に対する対策、原水となる河川の汚濁への対処方法、ダイオキシンや環境ホルモンといった微量有害成分をどのようにして除去するのかなど、「膜」による高度水処理も含めてわかりやすく説明します。

講義テーマ2

東北新幹線八甲田トンネル−環境に配慮した建設工事

 東北新幹線の八戸・新青森間にある八甲田トンネルは、複線断面として世界最長(26.5km)のトンネルです。工事中の問題は「鉱染ズリ」が出てくることでした。これには黄鉄鉱が含まれており、その硫黄成分が水と空気に触れると酸性化し、重金属による水質汚染などを起こす可能性がありました。ズリの危険性の判定、安全な処分体制など、環境に配慮した世紀の大工事の記録をお話しします。建設中の北海道新幹線にも応用している技術です。

講義テーマ3

廃棄物の処理処分−青森・岩手県境不法投棄問題の解決をめざして

 今、ごみ問題が大きくクローズアップされています。21世紀はごみとの戦いとなります。廃棄物の発生と削減、処理、処分、焼却によるダイオキシン問題、そしてリサイクルなど、廃棄物の問題を総合的に説明します。特に、青森・岩手県境の廃棄物不法投棄問題に対する大学の取り組みを述べ、大学で廃棄物の問題に関してどのような勉強や研究ができるかをわかりやすく説明します。

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
高校時代に、日本中で深刻な公害問題が起き、これを改善できる工学技術を学ぼうと考えて大学・大学院に進学したこと。
将来の夢 日本と世界の水問題を解決できる技術者をたくさん育成したい。
趣味 温泉、旅行、寺社・城郭見学、バロック音楽、酒
座右の銘または
生活信条
「人柄(ひとがら)がすべて」。人生も仕事もすべて人柄が良くないと成功しない。
■メッセージ
企業へ たかが水道、されど水道。飲料水や水環境をないがしろにする世の中では進歩なし。
高校生へ 水と環境は大事です。ただし、あくまでも科学技術的に考えることが大事です。また、水道、下水道、橋、道路など社会インフラの維持管理、防災・減災の仕事が重要です。土木を勉強して世の安全のために活躍しましょう。
■選択キーワード
地球環境
生活環境
■選択キーワード内容
■共同利用が可能な装置・機器等
高度浄水処理研究装置(特注、前澤工業ほか)
環境ホルモン分析装置・GCMS-QP5050Aほか(島津製作所)


 - AmigoDatabase