詳細検索
所属 土木建築工学科、大学院社会基盤工学専攻/教授
氏名 佐々木 幹夫/(ささき みきお)
メール msasaki●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 ソーラーカー
2、 汽水環境と水産資源
3、 海岸侵食
4、 波・海浜流
5、 雪対策と流雪溝

出身地 秋田県由利本荘市
出身校 北海道大学大学院
経歴
■現職活動
管理職名
専門分野 水工学、自然災害科学、河川工学、海岸工学
所属学会 国際水理学会、日本自然災害学会、土木学会、日本雪氷学会、日本雪工学会 ほか
担当科目 基礎水理学/水工学設計演習/海岸・港湾工学/主題別ゼミ「ソーラーカー」/土木工学実験?U/土木総合デザイン?U/地球温暖化と防災/水工学特論?T(大学院)/特別演習(大学院)/特別研究(大学院) /
研究テーマ1

波、流れ、海岸侵食対策に関する研究

海の波、および海浜流に関する研究、海岸地形変化のメカニズムと対策の方向性に関する研究を行っています。

研究テーマ2

八甲田山の積雪特性に関する研究

八甲田山の雪を対象に、密度、硬度、浸透能、保水能に関する調査研究を行っております。

研究テーマ3

河口や湖口における塩水遡上、汽水環境に関する研究

岩木川の生態学術調査研究を実施しており、河口域に生成する汽水環境の機構について研究を行っています。

研究テーマ4

自然災害の発生機構と被害軽減化対策に関する研究

津波や洪水等被害発生のメカニズムの解明をし、被害を軽減するための対策についての研究を行っています。

参加プロジェクト
委託研究実績
委託研究:海岸侵食の原因と侵食対策の基本的方向性
5大学共同研究:岩木川における生態学術調査研究
ソーラーエネルギーを利用した動力装置の開発実用化研究
作品・製品・著書 「海岸工学概論」(森北出版)
「海浜流」(土木学会)
「海浜変形の計算法」(土木学会)
「固液混相流の壁面摩擦係数」(国際混相流会議)
「三沢海岸の海浜変形」(国際水理学会会議) ほか多数
社会貢献 川の清掃や自然回復ボランテイア活動(あおもりの川を愛する会)
■出張講義 2017
講義系統 土木・建築系/環境系
講義テーマ1

自然災害のはなし

 地球上の水の動きに関連して発生する自然災害について分かり易くお話します。内容は次のようになります。?@津波のなはし(津波は何故起きるのか、日本の津波・世界の津波、これまでに来襲した大津波、これから来ると予想される津波について、津波から難を逃れるために、津波対策)、?A洪水のはなし(洪水例、洪水の発生機構、対策例、人類の歴史と洪水)、?B海の波と流れのはなし(波と流れによる災害例と原因、対策)、?C雪崩・雷のはなし。

講義テーマ2

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
道路や橋を造り、人を幸せにしたいから。
将来の夢 70歳になったらゴルフの大会に出て優勝すること。実用可能なソーラーカーを製作すること。
趣味 100歳までスキーをすること。
座右の銘または
生活信条
いかなる困難も試練と受け止め乗り越えること。
■メッセージ
企業へ 自然災害科学、ソーラー、流雪溝の相談ならば歓迎。
高校生へ 夢を持つこと。
■選択キーワード
自然災害科学
水工学
■選択キーワード内容
津波、洪水、海岸侵食等自然災害に関する研究に関連している。
水の動きに関する研究
■共同利用が可能な装置・機器等
なし


 - AmigoDatabase