詳細検索
所属 電気電子システム学科、大学院電子電気・情報工学専攻/教授
氏名 信山 克義/(しんやま かつよし)
メール shinyama●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 エコ
2、 環境
3、 バイオプラスチック
4、
5、

出身地 茨城県
出身校 八戸工業大学大学院
経歴
■現職活動
管理職名 入試部次長
専門分野 電子・電気材料工学、環境技術・環境材料
所属学会 IEEE(米国電気電子学会)、電気学会、静電気学会、日本工学教育協会
担当科目 基礎情報科学/電気電子数学/電気回路演習T、U/電子物性工学/創造工学実験/電気電子基礎実験/誘電体工学特論(大学院)/特別演習(大学院)/特別研究(大学院) ほか
研究テーマ1

地球環境に優しいバイオプラスチックの電子デバイスへの応用

バイオプラスチックは、トウモロコシなどの“植物”から作ることができる地球環境に優しい材料です。私たちは、バイオプラスチックを電気製品などの絶縁体(電気が流れないようにするための材料)に適用させるための研究を行っています。

研究テーマ2

研究テーマ3

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
JST平成21年度シーズ発掘試験A(発掘型)
作品・製品・著書 「Dielectric Breakdown Properties of Polylactic Acid with β-CrystallineChitin」(IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol.6, No.3, pp. 287-288, 2011) 
「Dielectric Relaxation Phenomena of Polylactic Acid with β-Crystalline Chitin」(International Journal of Polymer Science, Vol. 2012, Article ID 389491, 5 pages, 2012) 
「Dielectric Breakdown and Mechanical Properties of Polylactic Acid Spherulites of Different Sizes」(IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 8, Issue S1, pp. 106-107, 2013)
「球晶成長したポリ乳酸の絶縁破壊特性」(電気学会論文誌, Vol. 134-A, No. 4, pp. 237-242, 2014) ほか多数
社会貢献 平成22〜23年度 おいらせ町地域新エネルギー推進委員(おいらせ町)
平成22年度〜 青森県環境影響評価審査会委員(青森県)
平成23年度〜 青森県原子力施設環境放射線等監視評価会議委員(青森県) ほか
■出張講義 2017
講義系統 環境系/進学系
講義テーマ1

トウモロコシからプラスチック!?

 私たちの身の回りにあるプラスチック製品のほとんどは枯渇資源である“石油”から作られているため、そのリサイクルが求められています。そこで、『バイオプラスチック』が注目されています。バイオプラスチックは、なんとトウモロコシなどの“植物”から作ることができます。本講義では、バイオプラスチックについて、食器のお皿などの開発事例を紹介しながら、楽しく、わかりやすく解説します!地球環境を守るために、私たちができることを一緒に考えてみませんか?

講義テーマ2

大学の役割と進学の意義

 一人ひとりの高校生にとっては、自分の将来像をしっかりと描いて大学進学を果たすために、進学の意義・大学選びのポイントを知ることは大切です。大学は社会で有用な人材を育成する教育機関です。それとともに社会における様々な課題に対する研究活動を行う役割も担っており、研究のプロセスや成果は大学での教育にもフィードバックされます。八戸工業大学を例にとり、大学で行われる教育の目的や流れ、研究活動、他の教育機関との違いなどについて具体例を挙げて説明し、進学の意義・大学の役割を伝えます。

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
わが母校である八戸工業大学で教育研究に携わりたいと思い、この道を選びました。
将来の夢 社会から必要とされる人材の育成と研究を行うことができる教育研究者になることが夢です。
趣味 音楽鑑賞
座右の銘または
生活信条
やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!(メリハリのある生活を心がけております。)
■メッセージ
企業へ 環境調和型電気絶縁材料の開発を共同で行いたいと考えております。
高校生へ 研究を通して地球温暖化問題の解決に取り組むことができます。
■選択キーワード
地球環境
材料・素材
■選択キーワード内容
環境配慮型、環境循環型材料
環境に優しい材料の開発
■共同利用が可能な装置・機器等
なし


 - AmigoDatabase