詳細検索
所属 土木建築工学科/講師
氏名 高瀬 慎介/(たかせ しんすけ)
メール takase●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 計算工学
2、 数値シミュレーション
3、 構造
4、 防災・減災
5、 CFD

出身地 埼玉県
出身校 中央大学
経歴 CAE会社,東北大学
■現職活動
管理職名
専門分野 計算工学,構造工学
所属学会 土木学会,日本計算工学会
担当科目 構造力学I・II,応用構造力学,土木工学実験IIほか
研究テーマ1

津波による構造物への被害予測に関する研究

津波を数値シミュレーションにより再現し,防災・減災のための設備の効果・安全性などの検討を行っています.

研究テーマ2

雪崩の数値シミュレーションに関する研究

有限要素法を用いた雪崩解析を行い,雪崩の到達距離などを再現・予測する手法を開発し,防護工の設置効果について研究を行っています

研究テーマ3

研究テーマ4

参加プロジェクト
委託研究実績
VMS法を用いた気液固連成による雪崩被害予測手法の開発(平成28年度から平成30年度科研費[若手研究B]・研究代表者 )
作品・製品・著書 いまさら聞けない計算力学の常識(共同執筆)
社会貢献 NPO法人非線形CAE協会
■出張講義 2017
講義系統 土木・建築系/防災系
講義テーマ1

自然災害と計算工学の話

実験室での再現が難しい自然災害の被害予測は,コンピューターを使った数値シミュレーションが最も威力を発揮します.現在の計算工学分野がどのように自然災害の被害予測に役立っているのかについて説明します

講義テーマ2

防災工学とコンピューター・シミュレーションの話

自然災害の被害を軽減するために,防災施設は作られています.これらの施設がどのような役割を果たすのかを示すために,コンピューターを使ったシミュレーションが行われております.どのようにシミュレーションが使われているのか事例を通して説明します.

講義テーマ3

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
計算力学に出会い,楽しくて大学院まで進学したこと.
将来の夢 研究の成果と人材の育成で社会に貢献すること
趣味 植物を育てる
座右の銘または
生活信条
清く正しく美しく研究をする
■メッセージ
企業へ 計算工学を用いた問題解決という方法もございます.何でもご相談ください.
高校生へ 大学に進学してみると今までと違う視点で物事が考えられるようになります.楽しいですよ.
■選択キーワード
防災
■選択キーワード内容
雪崩,津波
■共同利用が可能な装置・機器等


 - AmigoDatabase