詳細検索
所属 感性デザイン学科、基礎教育研究センター/准教授
氏名 今出 敏彦/(いまで としひこ)
メール imade●hi-tech.ac.jp
●を@に変更して送信してください。
WEBサイト

■個人キーワード
1、 復興と地域創生
2、 メタ認知的検証活用防災教育
3、 新たな公共
4、 カリキュラムマネジメント
5、

出身地 兵庫県
出身校 京都大学大学院
経歴 宮崎産業経営大学法学部
■現職活動
管理職名
専門分野 公共に関する法哲学、倫理学、キリスト教学、大学教育
所属学会 日本宗教学会、日本基督教学会、京都哲学会、京都大学基督教学会、大学教育学会
担当科目 教職総論/教育課程論/職業倫理/道徳教育/事前・事後指導/教育実習?T/教育実習?U/教職実践演習(中・高)/哲学/主題別ゼミナール?T/主題別ゼミナール?U/主題別ゼミナール?V
研究テーマ1

公共性概念に関する原理的研究

アーレントの公共性概念を手掛かりに、グローバル化した現代に、平和的寛容を実現するための「新たな公共」を探求します。

研究テーマ2

キリスト教の社会性についての宗教哲学研究

キリスト教共同体が持つ人間の共同性に対する本質的な特徴を、ボランティア実践や倫理学から明らかにします。

研究テーマ3

法哲学から見た現代正義論の諸問題についての研究

西洋の伝統的自然法における正義が持つ現実性を、カントの根源悪からアーレントの悪の陳腐さに至る思想の系譜を辿りつつ、明らかにします。

研究テーマ4

人材育成と産業活性化を繋ぐ研究開発の実践

人材育成の可視化と産業再活性化を進めるため、大学を拠点としてインフラ社会システムのプラットフォーム構築を計画します。

参加プロジェクト
委託研究実績
平成26年度免許高度化のための調査研究事業 代表 (文部科学省)
京都大学文学研究科21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」(新たな対話的探究の論理の構築研究会)プロジェクトメンバー
作品・製品・著書 ・『ハンナ・アーレントの『人間の条件』再考−世界への愛−』近代文藝社,2013
・『ディアロゴス−手探りの中の対話』(株)晃洋書房 片柳榮一 他15名(本人分担 第三章 pp.114-134,2007
・「自然法における摂理・理性・裁き−アーレントの『悪の陳腐さ』を巡る正義論の現実性(第一部)」『基督教学研究』 第34号 pp.39-66,2014
・「赦しと約束の力-ハンナ・アーレントの『人間の条件』再考」『日本の神学』第47号 pp.87-112,2008
・「地域の問題解決を目標とした生徒主体型授業の構築」『平成26年度免許更新制高度化のための調査研究事業 委託事業成果報告書』 今出敏彦 他3名 宮崎産業経営大学文部科学省委託事業プロジェクト、全43頁,2015
・「青森県の工学教育におけるアクティブラーニングの実践−東日本大震災からの復興をデザインする−」『八戸工業大学紀要』第36号 pp1-14,2017
社会貢献 日本ユニセフ協会、財団法人PHD協会での国際協力・福祉活動ボランティア(1986〜2011)
ひょうご大学連携事業推進機構事務局
ひょうご講座担当講師(2007〜2009)
高等教育コンソーシアム宮崎コーディネート科目担当講師(2014〜2015)
八戸工業大学基礎教育研究センター公開講座2016「2026年の学校」担当講師
青森県教員等資質向上推進協議会 教員養成分科会委員(2017〜)
■出張講義 2017
講義系統 教養系
講義テーマ1

現代宗教学への招待

現代において宗教の意味は何か?この問いについて、現代宗教学の諸理論を用いて、具体的な宗教現象に即して説明します。

講義テーマ2

2030年 日本の若者の未来

フューチャーセッションやプロジェクト学習の手法を用いて、ワーク・ライフ・バランスを見直し、「協働」と「主体性」を育む新しい「生きる力」をデザインします。

講義テーマ3

自分らしく生きる

現代ユダヤ人思想家の深い思索を手掛かりに、現代のグローバル化や価値の多元化にあって、答えのない問いかけの中から生きる意味を探ります。

講義テーマ4

講義テーマ5

講義テーマ6

■個人として
この道に進んだ
きっかけ
今から22年前、阪神淡路大震災の被災経験を通じて、震災からの復興に役立つ哲学的研究をしたいと志しました。

将来の夢 復興への取り組みの中で、人々がどんな困難にも負けず立ち向かい、いつか、この世界から絶望が無くなること。
趣味 読書(最近はエラスムス)と音楽鑑賞(最近はバッハ)
座右の銘または
生活信条
一期一会
■メッセージ
企業へ 震災復興に向けて、地域創生のための組織開発と人材育成を目指します。
高校生へ 高度に複雑化した現代社会の中で、恐れず、柔軟な感性を持って、自分を改革して下さい。
■選択キーワード
公共性と妥当性
悪と正義
宗教的寛容論
教育におけるカリキュラムマネジメントと社会貢献
■選択キーワード内容
価値多元化する現代において、民主的な政策決定を可能にする法制度の構築や情報公開の仕組み作りのために、未知なるものへの知的好奇心と異なる文化への寛容な理解を育む、カリキュラムマネジメントの取り組みを進めること。
■共同利用が可能な装置・機器等


 - AmigoDatabase