いっしょに考えたいな、このまちの未来

2018年4月、新・感性デザイン学部が誕生します。

八戸工業大学では、感性デザイン学部に、新しく「地域づくり学科(仮称)」を設置し、感性デザイン学科を「創生デザイン学科(仮称)」にリニューアルすることを計画しています。その目的は学部を地域のデザインセンターにすること。学生と地域の人がつながりあい、新しい社会を創造する力を生み出します。

感性デザイン学部 感性デザイン学科

文化コミュニケーションコース ビジュアルデザインコース 住環境デザインコース

地域の個性を磨いて、もっと輝かせる

 地域づくり学科(仮称)

定員40名
協創まちづくりコース
文化観光コミュニケーションコース

地域や社会に眼を向け、デザインを追究

 創生デザイン学科(仮称)

定員40名
ビジュアルデザインコース
リビングデザインコース

感性デザイン学部相関図

若者がもっと活躍できる地域社会へ。
そんな未来をめざしたデザイン教育を展開します。

学生自身が地域のデザイン活動の中心となって地域の団体に働きかけていくこと。それが、新しい感性デザイン学部の大きな特色です。地域づくり学科(仮称)では地域を動かす仕組みのデザインを学ぶのに対し、創生デザイン学科(仮称)では具体的なモノのデザインを学びます。アイディアを商品にするときなどには、二つの学科が連動することで、より一層クリエイティブな成果が生まれます。さらに、工学部が地域企業の技術開発を支援し、感性デザイン学部がブランド化を後押しするといった学部間連携も可能です。コンパクトな地方大学の特性を活かし、多様性のあるプロジェクト学習を通じて人材を育成します。

地域づくり学科(仮称)の目的

新学科が目指すのは、人と人、人と企業をつなぎ、コミュニティを元気にする仕組みつくることができる人材の育成です。地域には、まだ十分に知られていない産品や個性的な文化があります。もしそれらを価値化して、持続的に活かす仕組みがあれば、地域は豊かさを取り戻すことができるでしょう。それには、活性化に必要な地域経済や地方行政に関する知識をベースに、さまざまな人や組織を結びつけて地域を豊かにするプロジェクトを推進できる人が必要です。地域づくり学科(仮称)では、そのような地域社会をリードする新しい力を育てます。

地域づくり学科(仮称)の魅力

新・感性デザイン学部の教育アプローチ

新・感性デザイン学部の教育アプローチ

1.ユニークな2つのコース

地域の人とともに新しいコミュニティを形作る「協創まちづくりコース(仮称)」と地域文化や観光資源の開発・活用を学ぶ「文化観光コミュニケーションコース(仮称)」で、地域の再生と発展に貢献する人を育てます。

2.地域社会と連携した体験を重視する学び

地域企業や自治体とのコラボレーション、地域の人とともに行う研究活動など、学生が地域に入り込む協創型のプロジェクトを通じて、課題の発見から解決まで実践的に体験できる学習プログラムが豊富に用意されます。

3.地域が求める人材の育成

行政(公務員)や地域企業で即戦力として活躍できるよう、地域経済や地域資源の活用方法、地方行政や地域財政およびその関連法規などの学習メニューが準備されます。

4.デザイン学部ならではの確かなデザインスキルの獲得

課題解決までのデザイン思考とデザインプロセスをしっかり身につけるとともに、地域の価値を発信するために必要なデザインスキルを徹底指導します。

5.協創の場を作るマネジメント能力の育成

小さなチームからコミュニティまで、ともに何かを生み出そうとしている人の意見を集約し、グループ全体がうまく機能するよう、プロジェクトを管理・推進する力を育みます。

地域をデザインするための実践的カリキュラム

~3つの学系を組み合わせて履修~

コミュニティを元気にする仕組みをつくる
協創まちづくりコース
地域文化や観光資源で地域再生を考える
文化観光コミュニケーションコース

地域文化・
社会・行政系

地域文化・社会・行政系

  • フードカルチャー論
  • 人と社会の仕組み
  • 地方行政論
  • 地域資源論
  • 観光学
  • 地域文化論

情報
デザイン系

情報デザイン系

  • デザイン思考
  • 情報デザイン論
  • 地域データ分析
  • 観光サービスデザイン演習
  • ビジュアルストーリーテリング論
  • デザインマーケティング論

アート&
コミュニケーション系

アート&コミュニケーション系

  • コミュニケーション&アート演習
  • 表象文化論
  • インクルーシブデザイン論
  • サービスデザイン論
  • ワークショップファシリテーション実習
  • プロジェクトマネジメント論

~地域に貢献できる進路~

地方自治体・公共団体など

市庁、県庁、市町村役場、商工会議所、農業協同組合、漁業協同組合、土地改良区、森林組合

行政分野の地域協働リーダーとして、住民、企業と協働して、地域の課題解決や活性化に向けたプロジェクトをコーディネートできる人材

地域の一般企業など

広告代理店、デザイン会社、イベント会社、印刷会社、食品・物流関連会社、金融機関、マスコミ

産業分野における地域協働の担い手として、行政や他の企業と協働して、ビジネスを通した地域振興を推進する人材、デザイン思考で社内の課題解決に役立つ人材

文化・観光関連の企業や団体など

文化・観光施設、観光協会、物産協会、観光・旅行関連会社、地場産業(伝統産業)関連会社

文化・観光分野の地域協働リーダーとして、行政や民間団体、住民と協働して、地域の文化振興および観光資源の利活用に向けた事業に携わる人材

まちづくり関連の企業や団体など

地域コーディネーター、都市開発関連会社、コミュニティサポートNPO、地域おこし協力隊

まちづくり分野の地域協働リーダーとして、住民、企業、行政と協働して、地域の課題解決や新たな雇用創出につながる新事業をプロデュースする人材