八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

産学連携プラザ 公開講座・セミナーのお知らせ

八戸工業大学では八戸中心商店街チーノはちのへ(八戸市大字十三日町16)1階に、三八地域のイノベーション創出を目的として、八戸工業大学と青森県三八地域県民局が連携し、地域の研究者と企業をつなぐ拠点「地域産業総合研究所 産学連携プラザ」を開所いたしました。
この産学連携プラザを会場とした公開講座・セミナーを下記の日程で開催いたします。入場無料です。お気軽にご参加ください。

◆ 8月開催

地域医療の課題克服に向けて ”Dr.Car V3の開発”【一般の方向け】

日時:8月28(日) 13:00~14:30
講師:浅川 拓克 助教 (機械情報技術学科)
概要:39分18秒、この数字が何を表しているかお分かりでしょうか?これは、119番入電から初期治療を開始するまでの、全国平均時間になります。そして、心肺停止などの重症事案では、治療開始までの時間短縮が、救命率向上と予後良好の鍵となります。この時間短縮を可能とするのが、先日、国・県からの許可がおり、7月1日より運用開始となったドクターカーV3プロジェクトです。本講座では、このドクターカーV3の開発についてお話をします。

◆ 9月開催

電気エネルギーを求めて【一般の方向け】

日時:9月3日(土) 13:00~14:30
講師:花田 一磨 講師 (電気電子システム学科)
概要:電気は現代社会になくてはならない大事なエネルギーの一つです。本講演では、電気が私たちの生活をどのように変えていったのか、そしてこれからどのように変わっていくのかといったことについて、電気の歴史から最近話題の再生可能エネルギーの固定価格買取制度、電力システム改革など、いくつかの事例を見ながら紹介します。

 

未知のセキュリティ脅威に挑むディープラーニング【一般の方向け】

日時:9月10日(土) 13:00~14:30
講師:清水 能理 准教授 (システム情報工学科)
概要:クラウド、IoT、M2Mなど、人と人、人と機械、機械と機械がインターネットで繋がる時代になりました。ネットワーク上のビッグデータから価値あるデータ(特徴量)を見つけるデータマイニングも盛んに行われる様になり、ネットワークセキュリティの脅威が増しています。現在は第3次AIブームと呼ばれています。未知のウィルスやマルウェアを予測する新しい技術として期待されるディープラーニングについてご紹介します。

 

マイクロバブルを利用した水産加工場排水の浄化【一般の方・企業の方向け】

日時:9月18日(日) 13:00~14:30
講師:高橋 晋 准教授 (バイオ環境工学科)
概要:マイクロバブルは、直径が髪の毛よりも小さい0.05mm以下の泡は、水中に長時間漂い、水中浮遊物に対する吸着性を持つなどの特性を持っています。これの特性を利用して食品加工場の新しい排水処理システムの開発を行っています。その進捗状況を紹介します。

 

積雪寒冷地域のインフラ長寿命化技術に関する最近の動向【企業の方向け】

日時:9月25日(日) 13:30~14:30
講師:阿波 稔 教授 (土木建築工学科)
概要:近年、いくつかの悲惨なインフラ事故を契機として、インフラ老朽化への社会的関心が高まる中で、施設の長寿命化が喫緊の課題となっています。一方、青森県のインフラは積雪寒冷地域に位置することから厳しい環境作用のもとで供用されています。本セミナーでは、コンクリート構造物を対象として設計段階(耐久性確保)、施工段階(品質確保)、維持管理段階(信頼性確保)における技術の最新動向を紹介します。

◆ 10月開催

大学生ビブリオバトル ―八戸工業大学における「本のまち八戸」への取り組み―【一般の方向け】

日時:10月1日(土) 13:00~14:30
講師:岩崎 真梨子 講師 (感性デザイン学科)
概要:読書で地域を盛り上げよう!――八戸市で「ビブリオバトルinハチノヘ」が開催されて、今年で三年目になります。本学学生は、過去二年連続で大学生の部の優勝を飾り、東北六県の代表者と競う「みちのくバトル」にも参加してきました。本講座では、八戸市の「本のまち」への取り組みを、教育や学生の視点を取り入れてご紹介します。ご参加になる皆さまは、ぜひ、ご自身のイチオシ本をお持ちください。講演内で、一般者の方にも参加しやすいビブリオバトルを実施したいと思います。

 

曲線と曲面の幾何【一般の方向け】

日時:10月16日(日) 13:00~14:30
講師:笹原 徹 准教授 (基礎教育研究センター)
概要:数学で図形の性質を研究する分野は「幾何学」と呼ばれています。現代の幾何学には図形の曲がり具合を調べる「微分幾何学」と、曲げたり伸ばしたりしても変わらない性質を調べる「位相幾何学」があります。たとえば、コーヒーカップとドーナツは位相幾何学的には同じものと考えます。本講座では、これらの幾何学に関連するいくつかの話題をなるべく数式を使わずに紹介します。

 

まぼろしの太陽系第9惑星を追え!

日時:10月23日(日) 13:00~14:00
講師:石山 俊彦 教授 (電気電子システム学科)
概要:「水金地火木土天海冥」…天文ファンの方には、馴染みの語呂合わせでしょう。2006年に冥王星が「準惑星」に降格され、現在は、太陽系の惑星は8個になっています。2016年1月に米国の科学者が、コンピュータ・シミュレーションをもとに、太陽系に「第9惑星」が存在する可能性を示しました。本セミナーでは、これまでに人類が挑戦してきた惑星探索の歴史を振り返り、「第9惑星」についても言及します。

 

3.11大震災から見たこれからのBCP(事業継続計画)を考える

日時:10月28日(金) 16:00~17:00
講師:熊谷 浩二 教授 (土木建築工学科)
概要:2011年3月11日発生の東日本大震災から5年経ちました。被災地域の緊急対策および復旧・復興がどのように行われたかを振り返ってみます。また、被災地域の復旧・復興に関して、地域や業態・分野などの違いが浮かび上がっています。現在は、想定外の事態に対するBCPやリスクマネジメントが求められており、今後どのような考え方にしていくべきかを探ります。

 

8月7日(日)に開所した「産学連携プラザ」

8月7日(日)に開所した「産学連携プラザ」

アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English