八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

機械情報技術学科で「第17回ロボットコンテスト」を開催いたしました

平成26年12月17日(水)、本館2階にあるAVホールにおいて、機械情報技術学科3年の科目「ロボット創作」で設計・製作したロボットの競技会「第17回ロボットコンテスト」を開催いたしました。

今年度の課題は、陣地Aにある直径約9cm、高さ5cmの塩ビ製円柱状ブロック17個をアルミフレームで仕切られた陣地Bに移動しして、陣地Bの所定の場所にブロックを縦に積み上げていくというもの。この課題解決のために、各班2台のロボットを作製しました。陣地A担当のロボットは、2チャンネルのコントロールで横になったブロックを掴む・持ち上げる・立てるの三つの動きを実現しなければいけません。また、陣地B担当のロボットには、17個のブロックを効率よく積み上げていく機能が求められます。

授業の中で機械加工などの基礎を学んだ後に、7月から課題を解決するためのアイディア出しから始めて、10月には設計の中間発表を実施し、その後放課後なども利用してロボットの製作に取り組み、この日に競技会本番を迎えました。

競技会は2組のチームが対戦するトーナメント方式で行われ、所定時間内に17個のブロック積み上げを完成したときには、歓声と惜しみない拍手が沸き起こりました。

今回の競技会の表彰者は次の通りです。

優勝 B-4班     三上、山口、吉田、類家
準優勝    
A-2班 小野寺、鎌田、上原子、木村、工藤
敢闘賞
A-1班 秋元、朝日田、天内、石鉢、岩沢
敢闘賞
B-3班 芳賀、橋本、花田、前村、三浦

 

以下は関連の新聞記事です。

自作ロボの技術力競う 八工大でコンテスト(2014年12月20日デーリー東北)

陣地Aにおけるブロックの確保陣地Bにおけるブロックの積み上げ優勝チーム

アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English