八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

八戸工業大学 第二回知的財産セミナーのご案内

3Dプリンタの発明経緯、当時の評価と特許問題

3Dプリンタの発明者 「小玉 秀男」氏が今日の状況に至るまでを語ります。

<講演概要>
3Dプリンタは、33年前に小玉氏によって発明されました。
今日、脚光を浴びている3Dプリンタですが、その偉大な発明は如何にしてなされたか、なぜ当時は開花しなかったのか、その経緯と特許について講演します。


日時:平成26年10月6日(月) 10:30~
場所:八戸工業大学 本館2階 AVホール  本学までのアクセスはこちら


↓画像をクリックして詳細を表示↓

知的財産セミナー

小玉 秀男 弁理士
特許業務法人 快友国際特許事務所(名古屋市)


講演内容詳細
○ 3Dプリンタが必要であると認識した経緯、3D
プリンタの開発意欲を持続できた経緯、契機と
なった技術を知った時にした思考プロセスの報告
○ 3Dプリンタの実用化が進まなかった経緯を報告
評価する側の問題と、評価される側の問題
○ 特許問題を報告。外国出願の必要性、派生技術・類似
技術の特許出願の必要性を報告
○ 基本特許権の有無と事業化の関係を報告


当セミナーは、あおもり元気企業チャレンジ助成事業
として行います。

 

主催:八戸工業大学
連絡先:社会連携学術推進室 電話:0178-25-8005
アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English