八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

バイオ環境工学科においてビール製造実習を実施

本学バイオ環境工学科において、9月1日(月)から4日(木)まで4日間の日程で、バイオ環境プロセス実習Ⅱ(3年生対象)を行いました。
この実習はバイオ環境工学科が持つビール製造プラントを用いてビール製造を行うものです。実習では、バルブの操作による流路の確保や配電盤による温度およびモーターの制御、さらに製品に含まれるエキス分の濃度測定など、多岐にわたる操作を行うことでビールを製造します。
製造されたビールは、1ヶ月半ほど熟成させた後、学生自身が官能試験を行い、製品を評価します。この実習を体験することで、食品衛生管理の考え方、ユニットの構造や機能、さらには食品をつくる上でのバイオの活用といった理解がより深まります。

以下、関連の新聞記事です。

ビールを製造 酵母の役割学ぶ 八工大生が実習(2014年9月8日デーリー東北)

090410090408140904

アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English