八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

バイオ環境工学科において百石高校の生徒を対象にチーズ実習を行いました

本学バイオ環境工学科において、7月29日(火)、百石高校 食物調理科2年生の学生を対象にチーズ実習を行いました。この実習は、2007年から毎年行っているもので、今回で8回目になります。
チーズ実習では、バイオ環境工学科内に設置しているチーズ製造プラントにてチーズを製造する事により、乳酸菌・酵素の役割、温度・時間管理、殺菌および洗浄など、食品製造に関する必要事項を理解できます。
受講生の皆さんはチーズ作りは初めてということで、最初は多少緊張気味のようでしたが、様々な作業の中で見たり触れたりすることで表情が徐々に生き生きとし目は輝いてきました。今回から本学での実習ではチーズをプレスするところまで行い、その後の作業からチーズの熟成までを百石高校にて行います。昨年までに比べて、チーズの変化が目の当たりに観察できる分、チーズを使用した料理のアイディアもふくらむ事でしょう。

以下、関連の新聞記事です。

ゴーダチーズ 手間かけ作る 百石高食物調理科 八工大の機械使い(2014年8月3日デーリー東北)

072901 072903 072907
アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English