八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

「3.11 防災フォーラム2014」を開催いたしました

 東日本大震災から丸3年を経た3月11日(火)、本学は土木学会と共同で、「3.11 防災フォーラム2014」を八戸市公会堂文化ホールで開催いたしました。このフォーラムは、2011年東日本大震災を記憶にとどめ、この日を契機に再度防災に対する意識を高めて、災害に対する備えを深めることなどを目的に開催しました。
 最初に、本学 佐々木 幹夫 教授より「青森県海岸の大津波のしくみ ―何故青森県に大きな津波が来るのか―」と題して、東日本大震災における青森県太平洋沿岸での津波の状況、今後予想される津波の発生メカニズムと対策などについての基調講演がありました。
 続いて、青森県太平洋岸に位置する八戸市、階上町、三沢市、おいらせ町の各市町村より、震災の被害状況、この3年間における復興状況と今後の対策が紹介されました。また、本学藤田成隆学長より本学防災技術社会システム研究センターが実施している技術開発・支援と地域連携防災教育の中からいくつかについて紹介いたしました。
 土木学会をはじめ震災に関連する多くの学会、本学を含め震災を受けた広範な地域にある多くの研究機関が共同で行った東日本大震災学術合同調査、とくに海岸および河川周辺における震災被害と復興に向けた技術課題について東北大学大学院 真野 明 教授より詳細かつ広範な報告がなされました。
 最後に、震災復興調査研究報告として「高性能津波防潮堤の開発」、「橋の津波被災と対策」、「液状化現象のメカニズムと対応策」計3件の調査に基づく津波対策などについての研究成果の発表がありました。
 参加された約300人の市民の方々は、講演者の報告・発表に皆真剣に聞き入っていました。

以下、関連の新聞記事です。

防災への意識高める 八戸でフォーラム(2014年3月12日デーリー東北)

津波について講演する佐々木幹夫教授

津波について講演する佐々木幹夫教授

講演を聞き入る参加された方々

講演を聞き入る参加された方々

八戸市の状況と災害時の周辺地域への支援について紹介する小林眞市長

八戸市の状況と災害時の周辺地域への
支援について紹介する小林眞市長

階上町の状況と今後の対策について紹介する浜谷豊美町長

階上町の状況と今後の対策について紹介する
浜谷豊美町長

本学防災技術社会システム研究センターの取り組みについて紹介する藤田成隆学長

本学防災技術社会システム研究センターの
取り組みについて紹介する藤田成隆学長

東日本大震災学術合同調査委員会報告を行う真野 明 東北大学大学院教授

東日本大震災学術合同調査委員会報告を行う
真野 明 東北大学大学院教授

「橋の津波被災と対策」について報告する本学大学院博士課程 虻川 高宏

「橋の津波被災と対策」について報告する
本学大学院博士課程 虻川 高宏

 
   
   
   
   
アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English