八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

吉田初三郎別荘兼アトリエ「潮観荘」再現CGについて

青森県立美術館の平成25年度最初の企画展として、三陸復興国立公園指定記念「種差 -よみがえれ 浜の記憶」が7月6日(土)より開催されます。この展示に関連し、〝大正の広重〟と呼ばれた吉田初三郎が種差の絶景を楽しんだ別荘兼アトリエ「潮観荘」再現-コンピューターグラフィックス(CG)映像の公開―が企画されております。

この企画に際し、現地の測量の実施から当時の歴史的背景を踏まえCG再現に本学の教員、学生が深く携わってきました。6月20日(木)に吉田初三郎のご子息である吉田種房氏、種差観光協会会長 柳沢卓美氏を本学にお迎えして完成間近のCGを監修していただきました。

これまで尽力してきた宮腰直幸准教授(感性デザイン学科)、月永洋一教授(土木建築工学科)は、さらに本展のオープニングに向け、完成度を高めていくこととなります。

 

choukansou_CG_03 choukansou_CG_04

  

補足情報

潮観荘 CGで再現 鳥瞰図絵師・吉田初三郎のアトリエ 息子・種房さんの記憶頼り 内装も精巧に(2013年6月21日付デーリー東北)

 

アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English