八戸工業大学

大学概要 入学情報
教育案内 学生生活
進路状況 センター・付帯施設
研究・社会連携 学生生活リポート

社会基盤工学専攻

社会システムの高度化にともなって、建設物の大型化・複雑化が進み、より専門的で高度な土木技術や情報化社会に対応した研究開発が要請されています。また、環境問題や災害に強い都市・地域づくり及び都市環境機能の効率的な整備と維持管理などは、解決すべき重要な課題となっています。本専攻では、構造材料工学、地盤防災工学、水工・寒地工学、環境工学の4部門を設け、それぞれの視点から創造性豊かな研究技術開発能力と豊かな人間性を持ち、社会基盤をデザインできる人材の育成を目指しています。

構造材料工学

*コンクリート混和材料の有効利用およびコンクリート用新材料に関する研究
*コンクリートの高寿命化に関する研究
*コンクリートの凍害および耐久性判定・照査手法に関する研究
*鋼構造およびコンクリート構造の最適設計手法と設計システムに関する研究
*超長大橋の構造計画と建設技術に関する研究
*橋梁の津波対策に関する研究

地盤防災工学

*地盤改良工法の合理的な適用方法に関する研究
*北東北の火山灰土の特性と安定処理・補強、地盤環境、および凍土に関する研究
*ジオシンセティックスの適用性に関する研究
*各種構造物の基礎の設計手法の体系化に関する研究
*北東北の地震災害、地震波動の特性および地盤と構造物の相互作用に関する研究

水工・寒地工学

*降雨と流出過程、河川の流れと流砂に関する研究
*波浪の変形および予測に関する研究
*海浜流の発生・発達、および海浜変形・海岸過程に関する研究
*湖水流動と水質予測、河口・感潮狭水道における物質移動に関する研究
*河川・湖・海における結氷機構および氷の物理的性質に関する研究

環境工学

*用水・廃水の物理化学的処理ならびに生物学的処理に関する研究
*膜ろ過法の機構および膜ろ過浄水処理システムに関する研究
*加圧浮上分離法の動力学に関する研究
*水環境、地盤環境、廃棄物、建設工事における環境保全策に関する研究
*土木事業計画の効果予測、達成度評価、分析方法に関する研究

アクセス |  情報公開 |  お問い合わせ |  リンク |  サイトマップ |  English